2018年のライブまとめ (4月~6月)

2018年の個人的な取り組みであるライブの備忘録 第2弾。4月~6月に観たライブの記録をまとめています。所謂春フェスは別記事で整理したので割愛。それにしても梅雨はどこ行った。

4/7(土) ポルカドットスティングレイ 2018 TOUR 全知全能@ZeppDiverCity Tokyo

 

4/20(金) 椎名林檎 ひょっとしてレコ発2018 @ 東京国際フォーラム ホールA

5/11(金) クリープハイプのすべて @ 日本武道館

 

5/30(水) KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン2 東名阪対バンツアー「Let’s go TAI-BAAN!!」w/ ASIAN KUNG-FU GENERATION @ZeppTokyo

 

6/13(水) UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」 @ 横浜アリーナ

 

6/15(金) 「フレンド申請ツアー2018 〜そのLaurentechとCruisin' Cruisin'に用があるのはフレンズだ〜」 w/ SPECIAL OTHERS @ 横浜ベイホール

 

 

 番外:6/20(水) さかいゆう New EP『Fight & Kiss』リリース記念イベント @ Plug In Studio

2018年上半期 よく聴いたトラック(邦楽・J-POP)

平成最後の夏が始まるそうですが、こちらは平常運転です。それでは2018上半期のベストトラックをまとめて行きます。正直6月が豊作すぎて選べなかったので、実質1月~5月まで。前回分はこちら↓   

 

FIVE NEW OLD Sunshine

これは確かYouTubeのレコメンド経由で知った楽曲。イントロのベースからもう最高なんですが、なんと言ってもヴォーカルの英語が上手い。シャッフルで流れてきたら、日本のグループとは思わないような。夏の屋外で聴いてみたい。

 a flood of circle ミッドナイト・クローラー


友人から勧められて聴き始めた作品。アルバム制作にユニゾンの田淵氏が携わっているとのことで何となく認識はしていたものの、スルーしていたのですが、聴いてみたら思いの外すんなり聴けました。2番にあるポエトリーリーディングのような箇所がフックになっていて聞き飽きない。

Nulbarich  ain't on the map yet

初期のSuchmosを感じさせるNulbarich。関ジャムでPVが紹介されたので知名度は高そうである。横ノリしたくなるようなリズムとJQのファルセットが心地よく混じりあっている。またコーラスワークや随所で盛り込まれるサンプリングされた声が特徴的。バンドではないからこその作り方なのだろうか。

三浦大知 DIVE!

テレビの露出がかなり増えてきた印象の三浦大知。才能ある人物が正当に評価されることは喜ばしい限り。曲が先にあって、そこに踊りを合わせているのか、ダンスが先にあって、そこに曲を合わせているのか。どちらなのかは分らないけれど、サビのストップモーションや「あ・したも」の譜割りは、彼が得意とする緩急のついたダンスが映える組合せに見える。

Awesome City Club ダンシングファイター

昨年、解散危機があったという話で驚かされたACCの新作。クールな印象のあった彼らは、どんどん熱っぽくなってきている。サビ前のビルドアップは、ライブで間違いなく盛り上がることが想像できる仕上がり。生音(ドラム)と電子音(クラップ)のバランス感が調度良い。

フレンズ ベッドサイドミュージック

初めて聴いたのは1月のワンマンライブ。聴きこんでいくと、よりハマっていくタイプの楽曲。みんなで盛り上がる曲のほうが印象が強いフレンズだが、結成のきっかけになったこの曲は、ひとりに寄り添う優しさがある。一時期は寝る前に必ず聴いていた。また、えみそんのヴォーカルはどんどん表現力が上がってきているように思う。

 ジェニーハイ 片目で異常に恋してる

完全にイロモノ扱いして舐めきっていたんですが、聴き始めたら中毒性が高すぎてノックアウト。舐めていてすいませんでした…。イッキュウが歌っていてもメロディラインは絵音氏のそれと分かるところに、彼の作家としての凄さを感じる。転調した後の展開が好き。

Radio Bestsellers 栞



毎年恒例、FM802のキャンペーンソング。今年は尾崎世界観が作詞・作曲を担当。ストリングスが入るだけで、こんなに春っぽくなるのかと驚いた。あいみょん、片岡健太(sumika)など旬なアーティストが参加しているのは良いけれど、その分スガシカオが浮いているように見える…。

サビの「ちょっといたい もっといたい ずっといたいのにな」は世界観らしいフレーズ。クリープハイプの武道館公演でも披露されていて、今後も大切に歌われていく曲で在ってほしいと思った。

 レキシ 幸福論 (椎名林檎cover)

ライブで散々他人の曲を歌っているレキシの、真面目なカバーがついに登場!

「SEGODON」を除くと1年以上リリースがなかったため、カバーであろうと新曲ばりに嬉しかったわけですが、期待をさらに上回る完成度。ホーン隊を主として再構成されたアレンジは、開放的なサウンドでありつつも、切なさは原曲以上に感じられる。フェスでもワンマンでもいいから、歌ってほしい。

ゲスの極み乙女。 もう切ないとは言わせない

 

ものすごくエモい気持ちになっていた夜にPVが公開されたので、かなり強く印象に残っているゲス極の新曲。もう切ないとしか言えない。

この曲とindigo la endの「夏夜のマジック」は自分にとっての特別な曲であり続ける気がしている。

 

こちらからは以上です。

【備忘】2018年 GWに観たアーティスト一覧

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

2018年のGWは3つの音楽フェス・イベントに参加した。各アーティスト毎の感想を残しておきたかったが、当日はステージ間の移動や休憩で書く暇がなく、終わったら終わったで数が多すぎて書く気が起きないので、一覧として残しておく。

それぞれのフェス・イベントでの個人的ベストアクトは以下。

  • ARABAKI ROCK FEST.18(両日) → くるり
  • VIVA LA ROCK 2018(初日のみ) → sumika
  • TOKYO M.A.P.S(初日のみ) → Nakamura Emi

アーティスト一覧(五十音順)

  1. BRADIO
  2. CHAI *
  3. fox capture plan * 
  4. iki orchestra *
  5. indigo la End
  6. NakamuraEmi *
  7. Nulbarich *
  8. Official髭男dism *
  9. Rei *
  10. Shiggy Jr.
  11. sumika *
  12. the pillows
  13. yonige *
  14. くるり *
  15. ゲスの極み乙女。
  16. サカナクション
  17. サンボマスター
  18. ストレイテナー  [THE ROCK STEADY'S 20th ANNIVERSARY CLUB BAND OF STRAIGHTENER]
  19. スピッツ
  20. ビッケブランカ *
  21. フレデリック *
  22. フレンズ
  23. トロール
  24. ポルカドットスティングレイ
  25. レキシ
  26. 関取花 *
  27. 松室政哉 *

  (初めて観たアーティストは末尾に*を付与)

ツイート抜粋